月別アーカイブ: 2018年8月

妊娠中に口にしない方がよい食べ物

赤ちゃんをお腹の中に授かったお母さん、これからはお母さんが赤ちゃんの栄養源となります。そこで気をつけたいのがお母さんの食べる物ですよね。

妊娠中にアルコールやカフェインを摂取してはいけない、というのは、妊娠していない女性や男性であってもよく知っていることだと思います。しかし、日常的に口にしがちなものであるのにも関わらず、妊婦さんが食べない方が良いと言われているものは他にもたくさんあるんです。

まずは生の魚介類。牡蠣などのようにあたる可能性があるものはもちろんのこと、それ以外の魚介類もお刺身で食べるようなことは避けた方が良いようです。特に二枚貝等にはノロウイルスが付着していることがあります。しっかりと加熱して食べましょう。

そして同様に生肉も口にすることは避けた方が良いとされています。生肉を食べた場合に心配なのは、O-157、そしてトキソプラズマの影響です。O-157は言わずと知れた食中毒のウイルス。トキソプラズマは免疫を持っていない妊婦さんが感染すると、胎児に重い障害が残る可能性がある恐ろしいウイルスです。ユッケのようなもの以外にも、生ハムなど非加熱製品にも含まれているため、うっかり食べてしまわないように注意しましょう。

妊娠中に食べない方が良いものをしっかりと把握することは妊娠中にやっておくことの一つですね。

妊娠中は体重管理に十分注意して

今ほど医者や医療が発達していなかった昔は、妊娠中の女性は2人分食べなさいと言われることが多かったようです。今もまだそういう感覚が残っている高齢者もいますが、現代の食事情は昔とは大きく異なり、飽食の時代とも呼ばれています。現代の食生活で2人分食べてしまうとカロリー過多になってしまうので、妊娠中でも食事にはきちんと注意しなくてはなりません。

一昔前までは、妊娠中の女性の体重増加にはかなり寛容だったと言えます。しかし、近年は過度な体重増加があると産婦人科で注意を受けるようになっています。一般的に、妊娠中の体重の増加は8kg程度が理想的だとされており、10kg以上増加すると妊娠高血圧症などのリスクが高まることで注意が喚起されているのです。

妊娠中はホルモンのバランスが急激に変わります。更に体型も著しく変化し、お腹が大きくなってくるとどうしても動くのが大変になってしまうものです。ホルモンの影響で太りやすくなっているところに運動不足が重なり、妊娠中の女性は非常に太りやすい状態であると言って良いでしょう。

しかし、増えすぎた体重は様々なリスクを伴います。それだけでなく、産後に体型を戻すのも一苦労になってしまう可能性があります。赤ちゃんを安全に産む為に、そして産後もスムーズに体型を元に戻せるように、妊娠中の体重管理にはきちんと注意するようにしましょう。

妊娠中に気を付けて欲しい、食事による胎児への影響

妊娠中に注意しなければいけないことの一つに、食事による胎児への影響があります。

私が一番気を付けて欲しいと思うのは、トキソプラズマ症です。

生肉や加熱が不十分なレア状態の肉、生ハムやサラミなどを食べることにより、トキソプラズマという寄生虫に感染することを言います。妊娠中に初感染すると、水頭症になる可能性も出てきます。
必ず胎児に感染するとは言えないトキソプラズマ症ですが、少しでも感染する可能性があるのですから、レアステーキなどが好物の方も妊娠中は頑張って我慢するようにしましょう。

次に気を付けて欲しいのは、リステリア菌による食中毒です。妊娠中に感染すると流産や死産につながる可能性があります。
リステリア菌は塩分にも強く、冷蔵庫でも繁殖するところが厄介です。

リステリア菌に感染する可能性がある食べ物は、加熱していないナチュラルチーズ、生ハム、スモークサーモンなどです。妊娠前に食べていて影響がなかった人も、妊娠中は免疫力が下がり感染する危険性が増しますので、どうしても食べたい場合は充分に加熱するようにしましょう。

最後に水銀です。水銀は胎児の中枢神経の発達に影響を及ぼすと言われています。
水銀を多く含む魚は大型魚や深海魚、クジラやサメです。

全く水銀が含まれない魚はいませんが、マグロ等の大型魚は食物連鎖の頂点にいると考えると、含まれる水銀量も他に比べて多くなると想像がつくと思います。しかし、魚は栄養バランスの取れた食事には欠かせませんので、全てを怖がって食べないというのはやめましょう。

鮭、アジ、鯖、ツナ缶等は安心して食べれると言われていますので、栄養面からも積極的に食べて欲しいと思います。

妊娠中は食べ物の制限が多く、ストレスになる人もいると思います。ですが、元気な赤ちゃんを産んだ後に食べるのを楽しみに、妊娠中の10か月間を乗り切って頂ければと思います。

後輩たちの出会いアプリの話を聞いてビックリ

このあいだ会社の飲み会で、ひさびさに同僚や後輩たちとゆっくり話をすることができました。

20代の後輩たちは、ちょうど結婚を意識している時期らしく自然と婚活の話に。私はすでに結婚しているので、何歳に結婚したのか、どこで出会ったのかなどいろいろ聞かれました。そのときに後輩たちから聞いてビックリしたのが、今の若い子たちはみんなアプリを通して異性と出会うことが多いということ。

みんな何種類かの出会いアプリを使って休日にデートをしているみたいです。確かにうちの会社は、女性社員がほぼなので出会いはありません。

出会い系アプリは、効率よくたくさんの相手と出会えるのが魅力的なようです。仲にもオタク 出会いもあったりするそうですが。

私が若いときにはもちろんそんなサービスがなかったので、出会いがないときには高いお金を払って結婚相談所などを利用していました。

でも今じゃスマホで気軽に出会うことができるんですね。私の若いころにもあってくれたらな〜なんて、思わず羨ましくなっちゃいました。

脱毛サロンに行かなくても大丈夫?背中の効率のいいムダ毛処理!

背中のムダ毛の処理は自分では見にくいですし、生えているといっても薄い人が多いこともあってついつい怠りがちです。しかし、水着や露出の多い服装をする際にはやっぱりツルツルの綺麗な肌にしておいた方がいいですよね。

そこで、ぜひともバスタイムやお風呂上りに一気に処理してしまうようにしましょう。背中のムダ毛処理には剃るのなら顔用シェーバーといった刃にセーフティガードが付いたシェーバーを利用する方が切ってしまったり、深剃りしなくなるので便利です。

ただ、カミソリの場合には顔や眉用のカミソリもいいですが、特に見にくい部分を処理するため、しっかりと握って処理することが出来るT字カミソリの方が利用しやすいです。剃る際には毛の流れに剃って剃るようにしましょう。

背中の場合は中心から外側に向かって毛が生えているのでその流れに剃っていきましょう。また、除毛クリームや脱色剤を使用するのも非常に効果的です。

除毛クリームや脱色剤だと一度に背中全体のムダ毛を処理することが出来ますから、時間をかけずに処理をすることが出来ます。

さらにバスタイムならそのまま洗い流してしまうことが出来るのでより簡単に処理してしまうことが出来ます。

このムダ毛処理方法をすることで、脱毛サロンに行かなくちゃって思っている人も案外思いとどまれたりするかもしれないね。

脱毛サロンに通えなくても家庭用脱毛器で満足しています

中学生の頃からかなり毛深いタイプで、その頃から毎日お風呂場でのカミソリでの処理が日課になっていました。それから二十年も繰り返しむだ毛処理をするのは本当に面倒でたまらなくなりそこからありとあらゆる脱毛法をさまようという脱毛ジプシー生活が始まりました。

カミソリの次に試したのが脱毛クリームでしたが、これは刺激の強いニオイと肌のヒリヒリ感が堪らず、数回でギブアップでした。そして脱毛ワックスを試したのですが、これも一気にベリッと剥ぐ痛みや脱毛後の肌の荒れで1度でやめました。こんな風にして結局一番無難なカミソリに戻ってしまったのです。

でもカミソリも長年使用しているとお肌にとってはマイナス面が多いようで私の肌もだんだんきめの細かさが失われてカサカサになってしまいました。そんな時に友人からすすめられた家庭用脱毛器。これが私のジプシー生活にピリオドを打つ大きなきっかけとなりました。

家庭用脱毛器といっても脱毛サロンと同じよう光脱毛マシーンの家庭版なので脱毛効果は長く続けているとしっかりとありました。何よりも脱毛サロン〔脱毛 大宮〕に通ったりする面倒さもなく自分の好きな時にお手入れが出来るのが最高です。

気が向いた時に脱毛器でお手入れをして、今は気になる部分はすべてツルツルお肌をキープしています。やっと私に最適な脱毛法が見つかって本当に良かったです。

我が家の脱毛物語とはこんなでした

素朴な疑問。娘がね。「ねえ、どうしてママの足には毛が生えてないの??」それを聞いてた旦那が、「ぷぷっ」と笑って、「大人になるとつるつるになるんだよ」って。
確かに娘は体毛が濃い。

まだ子どもだからあまり気にならないだろうけど、思春期になったらすごく気になるだろうな。同じ女性だからとっても気持ちがわかる。
最近は子どもにも脱毛っていうものをすると聞いたことがあったけど、自分の娘にもそれをしようかとなると複雑だ。

まず、お金がかかる。他の子どももみんなしているならまだしも、うちだけ特別にというのも変な話。
昔のテレビみたいに、家庭用脱毛器をみんなでお金出し合って買って使いまわすなんてことも今の時代できませんし。

でもこのことで悩んだり、いじめられたり、何より自分に卑屈になって自信がなくなってしまわないかが心配だ。

そんな風にならないように育てようと思うけど、育児なんて自分が思うようには行かないはずだから。
大人になって自分で稼げるようになったら、家庭用脱毛器のケノンを購入して脱毛してもいいという親はたくさんいるだろうと思う。

しかし時代が時代なだけに、娘が大きくなる頃には、どのような世の中になっているんだろう。
女の子って色々大変だ。